十勝の暮らし

十勝の気候

北海道十勝・帯広市の緯度は42°55'N、経度は143°12'E。アメリカのオレゴン州、アイダホ州とほぼ同じです。 十勝では4月に春を迎え、5月中旬に桜が満開になると待ちに待った爽やかな新緑の季節。 6月には野の花が一斉に咲きほこり、夏の7月、8月は平均気温は23℃前後と一年を通じて一番快適なシーズンです。 9月上旬からは気温も少しづつ下がり始め、下旬には標高の高い山々は紅葉が見頃になります。十勝の大雪山国立公園の紅葉は10月上旬がピーク。 11月になると冬の到来です。11月下旬から雪も降り始め、3月までは雪景色に包まれます。

十勝の生活

(マイカーは必需品)

通勤、ショッピング、レジャー等どこに行くにも車が交通の中心です。近年、大型駐車場をもつ郊外型店舗が帯広市や周辺の町を中心に出来ています。

(暖かな住宅)

新しい住宅は高気密・高断熱が特徴で一度暖めた熱は逃がさず、外の冷たい空気も入れない構造です。壁や床などには断熱材が厚く入れられ、窓は2重窓、もしくは複層ガラスが使われています。暖房は大型の石油ストーブが主流で部屋全体をあたためます。古い住宅の場合は、高気密ではなく各部屋に補助ストーブを置きます。夜間は水道が凍らないよう水抜きが必要なこともあります。

(夏でもクーラー要らず)

最高気温が30℃を超える日は数日間ありますが、夜間は気温も下がり涼しくなります。そのため一般住宅にクーラーを設置することはほとんどありません。

(人口)

十勝管内の総人口は、348,574人(H27.1.1現在)で、全道人口5,431,658人の約6.4%を占めています。帯広市が168,594人と管内人口の約48.4%、さらに周辺の音更町、芽室町、幕別町の3町を合わせた帯広圏では261,022人と管内人口の約74.9%を占め、その割合は増加傾向にあります。(※)鹿追町の人口は5,603人

大きな地図を見る

Back To Top